うつ病の原因を特定して少しずつ改善をしていく

ストレスの種類

うつ病とストレスは大きく関係しており、これが貯まるせいで心身ともに悪影響が出てしまいます。普通のストレスならちょっとした休息を作ることで軽減することができますが、重いストレスはすぐに取り除くことができません。ストレスには大きく分けて4種類のものがあるため、それらの原因を把握することで少しずつうつ病の改善をしていくことができます。まず一つ目は精神的ストレスで、これは人間の誰もが感じやすいストレスです。やりたくないことなどがあると身体にはストレスが貯まってしまいますが、そうした些細なことが精神的なストレスなのです。二つ目が構造的なストレスですが、これは身体の歪みが発生していることから起こります。骨盤や筋肉、背骨などの歪みは、健康状態へも影響し、それがストレスとなるのです。これは心身ではなく、身体のストレスからくるものです。

三つ目は化学的ストレスで、日常の食生活で栄養が不足していることでこの状態になります。毎日、きちんとした食事をすることで、人はエネルギーを得ています。しかし、栄養が不足するとバランスを崩しストレスとなるため、うつ病の原因に繋がってしまうのです。最後は温度や湿度によるストレスで、これは夏場や冬場などの季節による変化が原因で起こります。特に冷え性の人は、身体的なストレスが原因となることもあるため、うつ病にならないためには体温調節も重要なのです。これらのストレスが、組み合わさることによってうつ病になる可能性を高めてしまいます。